愛してると言えなくて

愛してると言えなくて

旅日誌の途中だったのだけど、

旅の最終日の空港で思いがけず大きなギフトを受け取ったのでシェアすることにしました。

きっと、この文章を読んでザワザワする人もいるんじゃないかな。

友人の朋子さんが、『Emotion Code』というメソッドのセッションを提供していて、それを体験させていただいたのですが、体や心の変化や気づきがとてもあったので、その時のことを少しはなします。

『エモーションコード』について詳しくくわしく知りたい方はこちらをどうぞ。彼女のブログになります。

セッション自体は、エネルギーブロックが何なのか、60個の感情のチャート(表)から特定し、それをリリース(解放する)するという、とてもシンプルでわかりやすいもの。

わたしは、その時にフト浮かんだ『人に対して愛してるって言えない』ってテーマでおこないました。

地球や自然に対して、愛してるって言えるのに、なぜ、〇〇さん愛してる。って日本語で言えないのか、英語だと言えるのに。

日本語でただ『愛してる』ってシンプルに言えない。愛って何だろうって、その言葉の意味を考え込んでしまう、、、

朋子さんがくれたキーワードは、ある人生の時期におけるhopelessness,特定キーワードfamily.

言われた瞬間、あ!って心に浮かんだ情景があって、でも、朋子さんは話さなくていいからね。って言ってくれて。エモーションコードでは、エネルギーブログの理由を相手に話す必要がなく、そのまま解放することができる。

そして、とある作業をしてリリース終了。

でも、わたしは自分の心にダイブするのが大好きだから、その時の自分に何が起こってたか、セッション終了後にじっくり潜って感じてみた。

その頃、家族の間が上手くいってなくて、わたしが唯一のムードメーカーで家庭のバランスを取ってる存在だった。だけど、わたしは大学進学が決まっていて、ゴタゴタしている家族を残し地方都市で一人暮らしを始めることになる。その頃に感じてたことの中に、いろんな複雑な感情があって、家族を置いて逃げるような罪悪感や、何もできない無力感、あきらめ、愛してるはずの家族を、そんな風にしか扱えない自分みたいな、愛してるなら一緒に居るべきだ!と言った間違った制限を自分に課したんだなぁって、すぐにわかった。

愛しているが故に、そんな風にしかできない自分を、『愛してる』なんて言葉を軽々しく使っちゃいけない! わたしは側にいられなかった!救えなかった!本当に愛してるなら、どうにかできたはず、わたしの想いは偽物だ!みたいな、強いマイナスの感情があった。

そんなこと、ないって今の自分なら分かるけど、その頃の自分は、そうゆう風に物事を見ることができなかった。

Emotion Codeで、そこに気づいたことで、あっさり自然に、大好きな人、愛してる人に、『愛してる』って、伝えていいって自分に許可が出せた。

『愛』を言葉にすることが、こんなにも心地よくて、幸せなことだとは思わなかった。

愛を感じてるのに、それを素直に表現できていなかったのね私。 硬くなってたし、すごく真面目に真剣に考えすぎてた。

愛ってハートで感じるものだし、ハートが震えて愛してるなぁと身も心を緩むのなら、それは素直に、『愛しています』って表現すればよかったんだ。

みなさま愛しています💓

この記事にお付き合い頂き、どうもありがとう😊