第1回クリスタルカンファレンス後編その2

第1回クリスタルカンファレンス後編その2

9/8後編その2

ゲイリーから石と交流し、そのエネルギーやメッセージを受け取る方法を学ぶ。

視覚や知識に頼らずに、純粋に石との対話を試みる場合、見ないで感じるってことが、とても大切。

ゲイリーがあらかじめ紙袋に、とある石を用意していて、それを一人づつ見ないで手探りで選んで、そのまま手で握って静かに目を閉じて感じる。第3チャクラや第6チャクラに当ててみてもいいし、身体の色んな場所に触れさせて感じてみてもいい。

色や形の視覚情報に頼らず、ただただ、自分が感じること、心に浮かぶ事を信頼してクリスタルに触れる。

全部で3種類の石を試したのだけれど、面白いぐらい体感がことなる。しかも、握ってる時のみんなの表情も穏やかだったり、ちょっと苦しそうだったりとクリスタルごとに特徴があって、楽しかった。

今回、わたしたちがトライしたのは、アクアマリンとキュープライトと、とても珍しいアラスカ産のコンビネーションの石、マラカイト・アズライト・カルコサイト。

興味がある人は、自分の持っているクリスタルで是非試して欲しい。たとえ本に書いてない事を感じたとしても、あなたの体感が全て正しい!間違いはない。 あなたとクリスタルだけの独自の共振共鳴が、そこにはある。

人も石も、誰といるか、何処にいるかで、その相互作用は何百通りにもなる。

わたしたちが色んな面を持っているように、石たちも、それぞれ、色んな面、性質を持っている。人も石も多次元的な存在なのだ。

そして、最後に日本から持参したジェーンアン のクリスタルスカルRaを中心に、ロシアンレムリアや、参加者各自がこの儀式に加えたい石たちを持ち寄り、クリスタルグリッドを組んでいく。

それぞれの想いを込めて、この場所に光の柱を立てる。

静かに目を閉じてグリッドに意識を合わせ、光を感じる。クリスタルたちのエネルギー、わたしたちのエネルギー、この場を取り巻く全てのエネルギー、地球のエネルギー、宇宙全体のエネルギー、、、

外の光と内なる光、その全てに愛を感じ、ハートの中心に宇宙を感じ、光の粒子、始まりのエネルギー、全ての存在に自分を感じ、みんなを感じ、この場に魂を委ね、至福の時を過ごす。

受け取ることに許可を。制限を手放して、限界を超えてゆく。どこまでもどこまでも。

これにてクリスタルカンファレンスのメインイベント無事に終幕。明日は、待ちに待った鉱山でのクリスタル掘り。暑い一日になりそうです。