月を仰ぐ

月を仰ぐ

満月過ぎの夜を、みなさまいかがお過ごしですか?

全国各地で美しく神秘的な様子がよく見えたようですね。

満月の当日は、あまりに光りが眩しすぎて、寝るに寝られず夜中に上着を着込み裏庭へと出て月を眺めていました。それから、体が冷えてきたのでベッドに入ったのですが、なんだか目が冴えてしまい。そのまま眠れぬ夜を過ごしました。色んなことが心に浮かんでは消え、映像がよぎっていきます。

動物たちは息を潜めているようでしたが、阿蘇は風たちが賑やかで、いつになく騒がしかったです。

ここ最近、新しい出会い。新しい展開。そして、同時に懐かしい再会や自分のやってきたこと、過去に種を蒔いたものの収穫時期が重なって押し寄せています。日々、嬉しさに心が震え、ありがとう。って呟いてる自分がいます。

覚悟を決めて歩き出したら、今まで以上に、はっきりとした形で質問に対する答えが、至る所から返ってきている感じがしています。

『求めよ さらば 与えられん』

本気の願い 本気の質問 心から自分を信頼して 愛の選択をし続けていると 道は愛のある場所にしか繋がっていかない。