真夜中の訪問者

真夜中の訪問者

12月1日・2日と二日間のアロマカウンセリング販売とクリスタルリーディングを終えて、エネルギーワークでクタクタに疲れはて床に着いた2日の夜のこと、普段なら目も覚めるはずもない時間に、ふと目が覚めた。

部屋には子供と自分と猫が居るのみ。

なのに、部屋中に濃厚な蜂蜜の香りと花々が咲き乱れているかのような芳香が漂っている。

最初は気のせい?と思って、慎重に何度も何度も深呼吸してみたけれど、香りは強まるばかりで全く消えず、わたしの鼻腔を刺激し続けた。

ふうっと 身体の力が抜けて、どうやら祝福されていることに気づきました。

二日間、後先考えずに全力投球でエネルギーワークしてきて、こんなに短時間の間に、年齢性別を問わず、一対一のセッションで、自分の真実・叡智を分かち合ったのは初めての経験でした。

ここ数年取り組んできたミカエル・ザヤットのアロマティックエッセンスのカウンセリング販売提供も、長年連れ添ってきたクリスタルたちとの共同作業で、ようやくジェーンアン ・ダウ式のクリスタルリーディングを自分なりの形で始められたことも、大きな自信となりました。アロマとクリスタルのコラボレーションの力も、やっぱり信じてきた通りで、それを、みんなが体感してくれて、その奇跡と不思議を共有することができました。

本当に、幸せな二日間だった。

クライアントさんの魂の輝きを見せてもらって、喜んでもらって、ひとりひとりが自分の輝き、才能、進みたい道を再確認して、愛に溢れた時間を持つことができました。

イベントを主催してくれた昔からの恩人にも、ずっと応援してくれてる仲間たちにも、たくさんの存在たちにも感謝しかない夜でした。

 

わたしらしく わたしがやりたいことを これからも全力で楽しむのみ。