肉体へのアプローチ

肉体へのアプローチ

普段はアロマティックエッセンスを使った心と身体のケアを提案しているLotus Liberaですが、

同じぐらい重要視しているのが深い呼吸、それが出来るしなやかな肉体を維持すること。

生活習慣、何を食べるのか、どんな運動をするのか、様々な要素がありますよね。

肉体に直接アプローチする手法として私が取り入れているのが、

天城流湯治法(あまぎりゅうとうじほう)といって、杉本錬堂氏がからだのケア方法を体系化してまとめたもので「のばす」「ほぐす」「ゆるめる」を基本とするセルフメディテーションです。

1. 血液の滞り(瘀血)によってしなやかさを失ってしまった腱を「のばす」

2.筋肉内に血液が滞って、硬くなってしまった筋肉を「ほぐす」

3.骨と筋肉が癒着してしまったところを「ゆるめる」

健全な肉体には健全な魂が宿る。

心と身体の声に耳を澄まし、自分自身のあらゆる領域に意識を向けてゆくことで不調や痛みのない本来の自分の素の状態。元気(元の気に返る)になっていきますよ。

《本とサイトのご紹介》

http://amagi.or.jp

天城流湯治法:書籍一覧

日本各地および海外でもワークショップが開催されています。一度、参加するとケアの仕方もわかりやすいしですし、その即効性のある効果に驚愕しつつ、「えー 噓みたい。魔法みたい。」と叫んでしまうかも、、、。 肩こり、腰痛、原因不明の痛み、不眠や難病にも効果がでるケースが多々あり、からだをケアすることで柔軟性が回復し深い呼吸や運動パフォーマンスの向上効果も期待できます。